メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

無償提供された流木をトラックに運び込む人たち=盛岡市の御所ダムで

 ダム湖に流れ着いた流木を一般の人向けに無償で提供する国土交通省北上川ダム統合管理事務所の事業が今年、突然の人気を集めている。処分費用を削減するために1998年ごろから始まり、例年は2~3週間かけて予定量を渡し終えるが、今年は2日で終えるダムも出るほどだ。【安藤いく子】

 同事務所が今年、流木を一般提供するダムは、岩手県内の四十四田ダム▽胆沢ダム▽御所ダム▽湯田ダムの4カ所。ダム湖には大雨などで上流から流木が流れ着くが、放置するとダムの設備を壊す恐れがあるため、たまるたびに同事務所が回収している。産業廃棄物として処分すれば有料だが、希望者に無償提供すればもちろん無料で、今年度は約1100万円の費用削減を見込む。

 盛岡市の御所ダムでは、16日午前9時に提供が始まった。昼までにトラックなど車46台が流木を受け取りにきた。例年だと1日に車10台ほどといい、人気の高さを示していた。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです