切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
トイレ(写真はイメージ)
トイレ(写真はイメージ)

 トイレが詰まって修理業者を呼ぶと、法外に高額な料金を請求された--。切羽詰まった心理状態につけ込む、そんなトラブルが全国で増えている。中には「最安値780円」をうたいながら、作業後に150万円を請求された事例も。事態を重く見て、愛知県弁護士会の有志8人が料金返還請求の相談に応じる弁護団を結成し、注意を呼びかけている。

 トイレの修理を巡るトラブル相談は全国で増加傾向にある。国民生活センターによると、水回りのトラブルのうちトイレ関連だけでも、2013年度の550件から、19年度は1150件と倍増、20年度も13日現在で既に647件に上っている。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1046文字)

あわせて読みたい

ニュース特集