メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「昭和の大横綱」 今も圧巻、ファン涙 千代の富士優勝額 ずらり両国駅に

31枚の優勝額などが展示されている千代の富士展=東京都墨田区横網のJR両国駅で2020年9月19日午後1時44分、松田嘉徳撮影

 大相撲で歴代3位の優勝31回を誇り、2016年に61歳で急逝した元横綱・千代の富士(先代九重親方)の、すべての優勝額のレプリカを展示するイベントが19日、東京都墨田区のJR両国駅で始まった。「昭和の大横綱」を懐かしむ多くのファンが訪れ、時には目に涙を浮かべながら楽しんでいた。22日まで。

 両国駅には今月8日、千代の富士が1985年九州場所で14回目の優勝を果たした時の額が掲げられた。これまで出身地、北海道…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです