エヴァンゲリオン初号機仕様の剣で「覚醒」? フェンシング・女子フルーレの辻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 フェンシングの全日本選手権個人戦第3日は19日、東京・駒沢体育館で行われ、女子フルーレは昨年覇者の辻すみれ(朝日大)と菊池小巻(セガサミー)が決勝に進出した。

 守りを身上とする辻が持ち味を発揮。東京オリンピック代表入りが確実視される上野優佳(中大)を準々決勝、東晟良(日体大)を準決勝で降した。強豪ひしめくブロックを突破し「最後まで自分のフェンシングができた」と胸を張った。

 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の大ファンで、これまでも辻の剣の持ち手部分は「エヴァンゲリオン初号機」を想起させる紫色。今大会はさらに黄緑やオレンジの塗装を加えた。完全な「エヴァ仕様」とし、「より気持ちが入った」。大きな雄たけびを上げた準決勝直後には「覚醒していたかもしれないです」とアニメのストーリーになぞらえ、笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文609文字)

あわせて読みたい

注目の特集