メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土俵際でも「余裕あった」 琴勝峰、慌てず逆転 ライバル豊昇龍降し1敗守る 

琴勝峰(左)が突き落としで豊昇龍を降す=東京・両国国技館で2020年9月19日、吉田航太撮影

 大相撲秋場所は19日、東京・両国国技館で7日目があった。

 関取最年少の琴勝峰が元横綱・朝青龍のおいで新入幕の豊昇龍に逆転勝ち。ともに1999年生まれの同級生対決を制し、1敗を守った。

 頭で当たってきた豊昇龍に右をねじ込まれ、土俵際に追い込まれた。「差されてしまったが、余裕があったのが良かった。焦っても仕方ない」と慌てず左に回りこむように突き落としを決めた。

 千葉県柏市出身で埼玉栄高から入門した琴勝峰にとって、日体大柏高に留学した豊昇龍は高校時代からのライバルだ。幕内での初顔合わせに「意識しないようにと思っていたが、してしまった」。動きは鈍ったものの、1場所早く入幕した「一日の長」で最後は落ち着いて取った。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです