メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本文化をハザマで考える

第27回 歌舞伎の鋭い心理的洞察

「十八番の内 勧進帳 五代目市川海老蔵の富樫左衛門と八代目市川團十郎の武蔵坊弁慶」(1852年) 歌川国貞

 私はいつも歌舞伎について、あの素晴らしい芝居だけでなく、その中に隠されている鋭い心理的洞察も、もっと一般に高く評価されるべきだと思っている。

 勧進帳のような劇は、世界の歴史においても一、二を争う秀作であろう。めったに味わえないほどワクワクして、目を見張るような演劇体験ができるのだが、その素晴らしさの主な理由は、日本とはさして関係ない。勧進帳は、自分の人生を日々どうやって生きていくべきかについての深い知恵を与えてくれるのだ。

 勧進帳の面白いところは、ごく単純なことの中にある。義経と弁慶を含む「反逆者」の一行は、関所を通り抜けなければならない。でも、どうやって?

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1404文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです