メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真雑記帳

絶景のピラミッド /北海道

オホーツク海沿岸の高台に建つピラミッド型の展望台「フレトイ展望台」=北海道小清水町で2020年9月15日、貝塚太一撮影

 秋サケ釣りを楽しむ人たちがオホーツク海の浜辺に大勢集まり、釣りざおが無数に並ぶ向こうに、ぽつんと建つ白いピラミッドが目に留まった。正体は小清水町の展望施設「フレトイ展望台」だ。ピラミッドが建つ高台からは濤沸(とうふつ)湖や斜里岳(標高1547メートル)など壮大な360度のパノラマビューを楽しめる景勝地だが、隣接する道の駅から展望台まで足を延ばす人は少なかった。

 町産業課によると、フレトイはアイヌ語で「フル・エ・ツイ・イ」と発音され、「砂丘が途切れているところ」という意味。オホーツク海と濤沸湖を隔てる丘の東端に位置しているため、この名がついたという。発掘調査で多くの貝塚が周辺に見つかっており、縄文時代中期から数千年にわたって人々が暮らしてきた。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです