メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 (18日)

 ――都内は感染拡大のぎりぎりの状態にある。都民にどう呼び掛けるか。

 ◆感染症はある一時から、ぽんと跳ね上がるときがあって、それがゆえに猪口(正孝)都医師会副会長もおっしゃっている「ぎりぎりのぎり」という話だ。都民の皆さんと意識を共有しながら、自身や家族が主体となって正しく予防するという…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです