メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷題材「拝啓、衆議院議長様」 命の価値、演劇で問う 豊島であすまで /東京

「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件を題材にした演劇「拝啓、衆議院議長様」の一場面=Pカンパニー提供

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月に起きた殺傷事件を題材にした演劇「拝啓、衆議院議長様」が豊島区の劇場で開かれている。「意思疎通のできない障害者に生きる意味はない」と主張する被告の弁護人が、遺族らとの関わりを通じて命の価値を問うていく内容で、21日まで。

 演劇集団「Pカンパニー」(東京)が主催し、19年2月に初演。相模原殺傷事件の植松聖死刑囚(30)が衆院議長公邸に園の…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. 官邸、14年改選時にも学術会議に説明要求 「介入の伏線だったかも」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです