メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「生きる力」再び手に 養護施設で暮らした男性の記録映画 コロナで苦境、ネットで製作費募る /東京

ドキュメンタリー映画「ぼくのこわれないコンパス」のシンポジウムに出席した(左から)ナレーションのサヘル・ローズさん、主人公のトモヤさん、マット・ミラー監督=東京都渋谷区で

 東日本大震災の津波で家を流された後、母親に虐待され、都内の児童養護施設に保護された男性の体験を記録したドキュメンタリー映画「ぼくのこわれないコンパス」の製作が大詰めを迎えている。新型コロナウイルスの感染拡大で作業が止まっていたが、年内の完成を目指し、クラウドファンディングで資金を募っている。【奥村隆】

 映画の主人公トモヤさん(21)は2011年3月11日、祖父母と3人で暮らしていた福島県の浜辺近くで津波に遭う。2歳の頃から育ててくれた漁師の祖父母は行方不明に。3週間後、母親に引き取られて都内に住み始めるが、翌年6月、母親とその家族はメモと1000円を置いて、12歳の彼を残していなくなる。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  2. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです