メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ひと模様

現役高校生でプロの女流棋士・野原未蘭さん(17) 進路決める「挑戦」の1年に /富山

野原未蘭さん=富山市向新庄町5の富山第一高で2020年9月2日、青山郁子撮影

 富山第一高(富山市)に通う高校2年生ながら、9月1日に日本将棋連盟東京本部所属の女流棋士2級としてプロ入りした。「まだ実感はないが、これから対局も増えていくので、全力でどんどん取り組みたい」とはじけるような笑顔を見せる。

 大学時代将棋部だったという父親の影響で5歳ごろから将棋に興味を持った。ルールを教わり、テレビの将棋番組を一緒に見るうちにめきめき上達。小学生からは大会にも出場するようになった。小学4年から金沢市のアマ棋士、鈴木英春さんが開く道場「将棋晩成塾」に毎週通って腕を磨いた。師の「英春流」は、相手の指し手に柔軟に対応し、手を見て自分の手も変えていくという将棋で、「自分に合っていた」のだとか。

 その頃からうっすらと抱いていた「プロになる」という夢は、中学1年の時「女流アマ名人戦」で優勝すると、輪郭が鮮明になった。周囲の勧めもあり「目指してみよう」と決意すると同大会3連覇を達成。それでも「ずっと楽しんで続けてきたら成績がついてきた」と気負いがない。

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです