メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@東海

岐阜・「Tonya EXPO実行委員会」代表 林伸将さん(38) 地域の誇り繊維問屋街 /愛知

林伸将さん

 JR岐阜駅の北側に広がり戦後「日本一の繊維問屋街」として栄えた岐阜市問屋町は現在、昼間もシャッターの閉まった店が目立つ。2017年に「Tonya EXPO実行委員会」を設立した林伸将さん(38)は8月25日、空き店舗にカフェをオープンした。「誇りある町の歴史が途絶えるのを防ぎつつ、地域が誇りを抱く町にしたい」と話す。【熊谷佐和子】

 祖父が最近まで問屋町で紳士服屋を営んでいた。岐阜市内の高校に通っていた00年ごろまで、年2回あった繊維問屋街のセールを手伝った。当時にぎわっていた町の記憶が脳裏に残る。14年に起業したコンサートグッズ製作会社の本社は、問屋町に構えた。祖父も店を構えていた思い入れのある地。「この場所でずっとやっていきたい」と思った。

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです