三尾地区→カナダへ フデさん移民回顧録 東大生が企画展「歴史知って」 美浜 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩永淳志さん(右)がカナダミュージアムで企画した中津フデ展=美浜町三尾で2020年9月16日、山本芳博撮影
岩永淳志さん(右)がカナダミュージアムで企画した中津フデ展=美浜町三尾で2020年9月16日、山本芳博撮影

 美浜町三尾の移民歴史博物館「カナダミュージアム」で、カナダ移民として激動の人生を送った女性を紹介する企画展「アメリカ村の看板婆さん 中津フデ展」が始まった。12月28日まで。

 三尾地区は、明治時代にカナダへ多くの移民を送り出したことから「アメリカ村」と呼ばれるようになった。今回の企画展は、三尾地区の歴史を学ぶため、休学して1年間同地区に滞在した東京大学経済学部3年の岩永淳志さん(22)=東京都武蔵野市=が企画。アメリカ村の象徴的な存在だった同町三尾地区出身の…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

あわせて読みたい

注目の特集