メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

「うなぎ処 山美世」女将 渡部和子さん 栄養満点、ウナギで元気に /島根

「うなぎライスバーガー」を紹介する「うなぎ処 山美世」女将の渡部和子さん=松江市八束町江島で2020年9月6日午前10時57分、目野創撮影

渡部和子(わたなべ・かずこ)さん(59)

 1914(大正3)年創業でかつて大根島にあった「山美世(やまみせ)旅館」をルーツに持つ「うなぎ処 山美世」(松江市八束町江島)の女将(おかみ)。8月から通信販売を中心に売り出した新商品「うなぎライスバーガー」(3個入り、税込み3240円)が好評だ。「全国の人においしいウナギを味わってもらいたい」

 山美世旅館の娘として生まれ、豊かな中海の幸に囲まれて育った。旅館の名物はなんと言ってもウナギ。かば焼きを焼く煙が漂い、宿泊客が帰りの船を待つ間、おいしそうにほお張っていた姿が記憶に残っている。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです