メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

[PR]

 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった。戦後初の発表は1947年。芸能人部門には浪曲師が並んだ▲明治初期に生まれた浪曲は戦意高揚の波にのって人気を博し、43年には浪曲師約3000人。落語家が今、900人弱であることを思うと浪曲盛況のほどがうかがえる▲その隆盛も今や昔。浪曲師は約80人にまで減少した。ただ、気を吐く若手や女性は少なくない。玉川奈々福(たまがわななふく)さんもその一人。80年代後半に上智大学で国文学を学び、卒業して筑摩書房の編集者となる。井上ひさしたちと交流する中、自分に語れるものがないことに気付く▲それを探して日本浪曲協会に三味線教室の門をたたいたのが94年。その後、浪曲師となり、退社までの20年間、二足のわらじを履いていた。スタジオジブリ・アニメの浪曲化にも挑戦し、2年前には欧州、中央アジアで公演した。「MTK(もっと玉川奈々福を関西に呼ぶ会)」というファンクラブもある▲そんな彼女が今、挑むのは空手家、岡本秀樹の生涯である。70年に単身シリアに渡り、ゼロから空手を指導。2009年に亡くなるまでに中東・アフリカ地域の空手人口を約200万人に育てた。破天荒を貫いた彼の評伝にあったある言葉に奈々福さんはしびれた。「非常識の中に可能性を探す方が楽しいじゃないですか」▲24日の新作披露に向けアラビア語や空手の指導も受けた。常識を離れて可能性を模索する奈々福さん。その姿に岡本を見る思いがする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです