メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

光でがん治療ができるの? がん細胞だけ壊す手法 年内に世界初実用化へ=回答・岩崎歩

 なるほドリ がんの新しい治療法が実用化されそうだって聞いたよ。

 記者 光を使う治療法のことですね。まず、がん細胞の表面にあるたんぱく質にくっつく薬を点滴(てんてき)注射します。薬には特定の光に反応する物質が含まれていて、光を当てると薬が化学反応を起こしてがん細胞を壊します。この治療法は米国立衛生研究所の小林久隆(ひさたか)主任研究員が開発し、「光免疫療法(ひかりめんえきりょうほう)」と呼ばれます。がん細胞のある場所を狙って体の外から皮膚(ひふ)の表面に光を当てたり、光を出す針のような器具を体の中に入れてがん細胞に直接当てたりすることなどが想定されています。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです