メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

計画的な米の対中強硬策 長尾賢 米ハドソン研究所研究員

 米国の対中政策は、中国の軍事的な拡張主義に対応する形で厳しさを増してきた。ただ、対中強硬姿勢は、トランプ政権による一時的なものではなく、長期的な計画が実行に移されたと考えるべきだろう。

 米国は、計画性を持ってライバルを倒してきた。第二次世界大戦前に、日本が仮想敵国の「オレンジ計画」が作成され、おおむね実行された。驚くのは、英国とカナダと戦う「レッド計画」まで存在したことだ。国際情勢は変化するので、ありそうもない計画まで作成するのが米国だ。中国を「戦略的競争国」と位置づけた以上、相当な計画があり、一部実行が始まったとみるべきだ。

 米中ハイテク戦争が始まったのは、米議会が中国企業に関する調査報告書を公表した2012年だ。当時は民主党のオバマ政権だった。仮に次の米政権を担うのが民主党でも、対中姿勢に本質的な変化は起きないだろう。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです