メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済比べてわかる

ブランド価値2500億円 王室の経済効果は 英国

ロンドンの老舗仕立屋は(右上から)エリザベス女王、フィリップ殿下、チャールズ皇太子の3人からお墨付きを得ている=ロンドンで

 在位68年のエリザベス女王を頂点とする英王室。かつては故ダイアナ元皇太子妃が世界的に人気を集めたほか、今年3月のヘンリー王子の王室離脱などニュースにも事欠かない。英国や英連邦の象徴という役割を担う英王室だが、経済的にはどれほどの効果をもたらしているのか。

 9月上旬。ロンドン中心部のバッキンガム宮殿を訪れると、例年より大幅に少ないものの、観光客の姿があった。宮殿前で友人と写真を撮っていた英国在住のカナダ人女性(26)は「英王室は伝統があり国際的。それを感じられる建物や場所がたくさんあるのがいい」と魅力を語る。宮殿近くで土産物屋を経営するムハマド・アリガイシンさん(70)は「今は、まったく商売にならない」と嘆きつつ、感染収束後の王室の集客力に期待を寄せた。

 「君主制は象徴としても経済的にも英国の宝だ」。英ブランド評価会社「ブランドファイナンス」のデイビッド・ヘイ最高経営責任者(CEO)は、そう表現する。同社が2017年にまとめた報告書によると、王室関連の観光地や関連ブランドが生み出す経済効果は年間約17億6600万ポンド(約2500億円)という。このうち観光分野が5億5000万ポンドを占める。

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです