メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

鵞鳥湖の夜 暴力と隣り合わせの闇 現代中国の虚無感漂う

 中国から届いた、スタイリッシュなフィルムノワール。もともとは1940年代を中心にハリウッドで流行した犯罪映画を形容して使われた言葉ですが、犯罪映画というよりも光と闇のコントラストが身上。街灯が照らす雨にぬれた歩道、煙草(たばこ)をくわえた男、そして運命の女、これだけで画面が思い浮かぶでしょう。

 この「鵞鳥(がちょう)湖の夜」は、中国の地方都市にノワールの闇を再現するところから始まります。駅の出口なんでしょうか、コンクリートの柱が並び、向こうに見える屋台のような店の灯(あか)りのために手前の闇がいっそう深い。その柱に隠れるかのような男のところに赤いドレスの女がやってきて、煙草の火を貸してくれないかと声をかける。意味ありげなこのはじまりから、映画は過去にさかのぼっていきます。

 ストーリーは、ごくシンプル。主人公のチョウはバイク窃盗団の一員ですが、縄張りを決める際に内輪もめが起こり、因縁をつけた相手にチョウの手下が発砲したために抗争寸前、混乱のなかでチョウは誤って警官を撃ち殺してしまいます。警察が通報者に30万元の報奨金を払うと発表したので、チョウはギャングと警察から逃げなくてはいけない。チョウと謎の女の逃避行です。

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです