メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

高齢者施設 入る気になれない

 Q 高齢者施設入る気になれない

 夫をみとって、おひとり様の暮らしにも慣れてきました。終活の一環で高齢者施設を見学しましたが、狭くて入居する気になれません。まだまだやりたいことがあるのですが、入居した方がいいのでしょうか。(女性、70代)

 A 人生100年時代ですので、元気なのに急いで老い支度をするのもおかしな話です。また、やりたいことをしているほうが精神的にも健康に過ごせると思います。ただ年齢とともに認知機能が衰えますので、施設へ入居する際や、介護サービスを受ける際の契約に必要な書類を集めたり、作成したりすることが面倒になってきます。一般的に75歳から80歳にかけての時期が高齢者施設への入居を検討するタイミングと言われています。

 最近では、介護保険の居宅介護サービスが充実し、ご自宅で最期までお過ごしになることも可能になってきましたが、ヘルパーの業務は契約で決められていて、それ以外の作業は原則としてお願いすることができません。そこで、最期まで自宅で過ごすには家族のサポートがどうしても必要になってきます。お子様が離れてお住まいの場合はサポートのための行き来が負担となります。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです