メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン国連大使、「制裁が復活」との米声明に反論

 イランのラバンチ国連大使は19日、対イラン国連安全保障理事会制裁が全面復活したとの米国の声明を受け、米国の手続きは「無効であり、何の法的効果もなく、全く受け入れられない」と反論した。国連のグテレス事務総長と今月の安保理議長国ニジェールのアバリー国連大使に宛てた書簡で指摘した。

 ラバンチ氏は「米国の狙いはイラン核合意…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです