メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅首相、外交デビュー トランプ米大統領と電話協議「非常に手応え」

首相就任後初めてトランプ米大統領と電話協議を行い、記者団に内容を語る菅義偉首相=首相官邸で2020年9月20日午後10時10分、滝川大貴撮影

 菅義偉首相は20日夜、トランプ米大統領と約25分間電話で協議した。首相は「日米同盟は地域の平和と安定の基盤だ」と述べ、トランプ氏は「ともに同盟を一層発展させていこう」と応じた。新型コロナウイルス感染症の治療薬やワクチン開発を協力して進めることで一致。北朝鮮の拉致問題解決へ向け緊密に連携することも確認した。

 首相が海外の首脳と協議するのはこの日が初めてで「外交デビュー」となった。協議は首相公邸で行った。日本側の申し入れで実施され、トランプ氏は首相就任への祝意を伝えたうえで「24時間いつでも何かあったら電話してほしい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです