介助犬3頭の訓練総仕上げ 中部空港で 愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第1ターミナルビル内で介助犬のための訓練を行う犬たち=愛知県常滑市の中部空港で2020年9月18日、黒尾透撮影
第1ターミナルビル内で介助犬のための訓練を行う犬たち=愛知県常滑市の中部空港で2020年9月18日、黒尾透撮影

 障害者を補助する介助犬の育成を行っている日本介助犬協会(本部・横浜市)は18日、愛知県常滑市の中部空港で、犬3頭の歩行訓練を行った。

 3頭はいずれも3歳で、普段は長久手市の訓練センターで過ごしている。間もなくパートナーが決まるため、今回は介助犬になるための総仕上げの訓練だ。

 空港はキャリーバッグを引く音や飛行機の…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文333文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集