メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

41.1度を観測し、国内観測史上最高気温に並んだ浜松市内をマスク姿で歩く人たち=浜松市中区で2020年8月17日、宮武祐希撮影

 異常気象による深刻な被害が今年も世界各地で発生している。日本では毎年のように暑さの記録が更新されるようになった。異常事態は今後「日常」になっていくのか。記録的な暑さや大雨などの影響を受けている世界の現状をまとめ、その背景を探った。【八田浩輔、渡辺諒、大場あい】

 「長きにわたって記憶される記録的な熱波となった」。米国立気象局は今月、カリフォルニア州での熱波を受けて声明を発表した。

 同州中部の国立公園デスバレー。「死の谷」を意味し、地球上で最も暑い場所の一つとして知られる地で8月16日午後、気温54.4度を観測した。世界気象機関(WMO)によると、気象学者などの検証後に公式記録として認められた場合、世界で過去3番目に高く、1931年以降の89年間では最も高い気温となる。

 9月に入ってもカリフォルニア州を含む米西部は熱波に見舞われている。ロサンゼルスでは6日、最高気温49.4度を記録するなど州内の多くの地点で観測史上最高の気温を更新した。8月半ばから落雷が原因とみられる山火事も多発し、高温と乾燥が続く中で消火活動が追いついていない。

 米海洋大気局によると、今夏(6~8月)の北半球は1880年以降の観測史上で最も暑かった。地球のほかの地域の2倍以上の速さで温暖化が進む北極圏では顕著な高温が続き、大規模な氷の融解や森林火災が報告されている。

 ロシア北部ベルホヤンスクでは6月20日に気温38度を観測し、北極圏で観測史上最も高い記録を更新。シベリアの広い範囲で、今年の6月末までの平均気温は1981~2010年の同期間の平均と比べて5度以上高く、欧州の気象機関などによる研究チームは「人為的な気候変動の影響なしではほぼ起こりえなかった」とする解析結果を発表した。

 また、カナダ北部エルズミーア島では…

この記事は有料記事です。

残り1583文字(全文2336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. センチュリーなど1000万円超高級車、12県が所有 山口は2000万円現行モデル

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです