メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

 横浜市中区山手町に戦前から残る洋館を、市内で老舗洋菓子店「モンテローザ」を経営する三陽物産が保全のために購入した。「日本近代建築の父」と称されるチェコの建築家、アントニン・レーモンド(1888~1976年)が設計した可能性のある貴重な建物だ。社長の山本博士さん(50)は、決め手になる物証を求めて情報提供を呼びかけている。

 1859年の開港後、横浜山手(現在の山手町)が外国人居留地に編入されたのをきっかけに、山手地区には多くの外国人が居住した。市の報告書によると、同地区に戦前からある洋館のうち、個人所有の住宅は1992年に38件が確認できた。それが今では17件に減少している。

 山本さんが買い取ったのはその一つの「山手133番館」で、土地は790平方メートル、木造2階建ての建物は延べ287平方メートル。長く日本人が所有し、戦後の接収時期を除いて外国人に貸していたが、2年ほど前に空き家になった。今年5月、売りに出ているのを知った山本さんは「このままでは開発で壊されてしまう。わが社にしかできない社会貢献をしよう」と考え、所有者との交渉を開始。8月25日に引き渡しを完了した。

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです