洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横浜市中区山手町に戦前から残る洋館を、市内で老舗洋菓子店「モンテローザ」を経営する三陽物産が保全のために購入した。「日本近代建築の父」と称されるチェコの建築家、アントニン・レーモンド(1888~1976年)が設計した可能性のある貴重な建物だ。社長の山本博士さん(50)は、決め手になる物証を求めて情報提供を呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1567文字)

あわせて読みたい

注目の特集