特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

交錯する各党の思惑 大阪都構想、衆院解散なら住民投票と同日に 影響は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
住民投票が衆院選と同日実施になった際の活動制限
住民投票が衆院選と同日実施になった際の活動制限

 「大阪都構想」の是非を問う2度目の住民投票は11月1日の実施が決まったが、大阪市選挙管理委員会は、菅義偉首相が仮に10月25日投開票の日程で解散総選挙に踏み切った場合、同日に前倒しして実施する方針だ。その場合、公職選挙法の規定で団体の活動に制約が生まれるケースもあり、制度案の周知に懸念を示す政党もある。

 「総理が決めることだが、近い時期に総選挙をやるのなら、同じ日にした方がメリットが大きいでしょう」。大阪市を廃止・再編する都構想を推進する大阪維新の会代表の松井一郎市長は9月10日の定例記者会見でこう強調した。同日になれば約10億円かかる投票コストも抑えられる。

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1124文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集