メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性カップルはなぜ事実婚から排除されるのか 先進自治体でも退職金受け取れない事情

東京都世田谷区役所第1庁舎=早川健人撮影

 同性カップルは、いわゆる「事実婚」に含まれるか、否か――。これに関し、東京都世田谷区が「同性パートナーも、事実婚に準ずるとする社会通念が形成されている」という画期的な見解を表明した。一方で、それでも実際の制度にすぐ反映させ、異性の事実婚カップルと同じ権利を得ることはできないという。なぜ、同性カップルは「事実婚」からも排除されてしまうのだろうか。【藤沢美由紀/統合デジタル取材センター】

事実婚が届け出が必要ないなら同性カップルも同じでは…

 同性カップルは日本の法制度上、結婚の届け出をすることができない。一…

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文1833文字)

藤沢美由紀

2007年入社。山口支局、熊谷支局、八王子支局、東京本社社会部、医療福祉部(現くらし医療部)を経て2020年春から統合デジタル取材センター。LGBTなど性的少数者に関わる教育、医療、職場、法、家族などの問題を中心に取材。当事者団体と有志記者による「LGBT報道ガイドライン」作成に参加。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  2. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです