秋場所、幕内豊山が休場 右足「ひねった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 豊山
 豊山

 大相撲の東前頭4枚目の豊山(26)=本名小柳亮太、新潟県出身、時津風部屋=が秋場所8日目の20日、日本相撲協会に「右前脛腓靱帯損傷。20日より休場を要する」との診断書を提出し、休場した。5敗目を喫した7日目の貴景勝戦で右足が俵に掛かった際に「ひねった」と話していた。

 時津風部屋の師匠代行を務める枝川親方(…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文265文字)

あわせて読みたい

注目の特集