メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「我慢した攻め」奏功 2敗組で光る若隆景の進撃 「大波3兄弟」三男の地力

宝富士(左)と組み合う若隆景。宝富士を寄り切りで破り、2敗を守った=両国国技館で2020年9月20日、手塚耕一郎撮影

 大相撲秋場所は20日、東京・両国国技館で8日目があり、西前頭8枚目の若隆景(わかたかかげ)=荒汐部屋=が、同5枚目の宝富士(33)=伊勢ケ浜部屋=を破り、2敗を守った。

 大混戦の様相を呈する秋場所。9人がひしめく2敗力士の中で、とりわけ目立つのが幕内通算3場所目の25歳、若隆景だ。180センチ、129キロの精悍(せいかん)な体で、最後は背中の筋肉を隆起させながら三役経験者を寄り切った。

 けんか四つの宝富士に「左を差させない」ことだけ考えた。おっつけながら相手の左を封じ、右をねじ込み差し勝った。狙い通りの攻めが奏功しても気を抜かず、足を運び、最後はもろ差しで土俵外に追いやった。「下から(圧力をかけて)我慢して攻めることができた」と自賛する、会心の相撲だ。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです