メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堂々たる寄り 照ノ富士、玉鷲を降し6連勝 昭和以降初の快挙なるか

玉鷲(右)を寄り切りで降した照ノ富士=両国国技館で2020年9月20日、手塚耕一郎撮影

 大相撲秋場所は20日、東京・両国国技館で8日目があり、7月場所優勝の照ノ富士が6連勝で、2敗を守った。

 中日にして、優勝争いの頂点に9人が並ぶ大混戦。混沌(こんとん)を抜け出す可能性を感じさせるのが、先場所の優勝で波に乗る照ノ富士だ。この日はくせ者の玉鷲を降し、6連勝とした。

 同じモンゴル出身で、幕内優勝経験もある実力者同士の一番。左右から相次ぐのど輪を食らっても、照ノ富士はお構いなしに前に出た。張り手の応酬から突進してきた相手を組み止めると、左をねじ込み勝負あった。最後は…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです