メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

三軒茶屋の和と洋を融合した出汁フレンチ&ビストロ割烹!厳選した地酒と楽しんで♪

情報提供:おとなの週末

豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。

かほくらし 華音(最寄駅:三軒茶屋駅)

和と洋の双方向でどっぷり楽しめる山形県河北町の美味

出汁フレンチの象徴といえるのが“三茶芋煮”。本来鍋で食べる芋煮を豚肉で巻き焼いたこの料理に、山形の人も驚いたそう。ほか、ダシで食べるだし巻きや、野菜と豚肉のミルフィーユ仕立てなど、和洋のメニューが混在。これらに使われるのは「かほくイタリア野菜」に、一般的な牛より100日長く育てられる「千日和牛」といった地元の食材。もちろん、お酒も地のもの。ワインも日本酒も楽しめるよう、おばんざいとオードブルの盛り合わせがあるのも憎い。1階のアンテナショップと共に河北町の魅力に触れられること必至だ。

千日和牛と庄内豚の“三茶芋煮”

1180円 6930b98dc0b09d681c476c93de91f92c 山形名物の芋煮を豚バラ肉で包み、火入れ。仕上げに醤油ベースのダシあんをかけたスペシャリテ。ひと口食べれば、とろっとした里芋と牛肉の旨みが口中に広がる

かほくおまかせ盛り5種

2080円 887f2e0a34e77a78f8808590f57b91df 上から時計回りに、“まきの農園”くらかけ豆の出汁漬け、白レバーのムース、自家製燻!スモークサーモン、本日の彩り野菜のキッシュ、山形名物“青柳”の玉こんにゃくの5品

かほく野菜のムースとブランマンジェ

680円 8900b2c4c6f8e4e6ca86069b09644965 季節の野菜をソースに使用。この日は雪下にんじんのキャロットムースとベリーソース。口溶けが良くほんのり甘いブランマンジェと実によく合う

日本酒・ワイン

グラス580円~、1合980円~・グラス580円~、ボトル3300円~ e02072ac68de2c4a842aa17809a29d0e 日本酒は山形、ワインは山形とフランスの自然派が中心。写真左のロゼは自社商品でグラス980円。日本酒は左の「あら玉 つや姫」がグラス580円、1合980円

かほくらし 華音の店舗情報

0f54742f34f3d6c011d03e251ec92ca0 [住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-12-10 2階 [TEL]03-5779-4055 [営業時間]11時半~14時半、17時~24時(23時LO)※ランチタイム有 [休日]月、水の昼 [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口から徒歩1分 ※「かほくらし 華音」のメニューの価格はすべて税抜きです。 

電話番号 03-5779-4055
撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部) 2019年4月号発売時点の情報です。

関連記事

New Zea Platform(ニュージランド料理/神山町)

FRANZE & EVANS LONDON|英国発のヘルシーなデリカフェ(デリカフェ/表参道)

【閉店】GIOVANNI’S JAPAN|ハワイの有名B級グルメを堪能!(ハワイ料理/新宿)

渋谷ロゴスキー 銀座本店|つまみにも小腹を満たすにも最適!(ロシア料理/銀座)

【閉店】チュニジアの国民食が食べられる大久保「ラジュール」


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです