メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

なんと日本は「自動運転車対応指数」で11位! 先進メーカーだらけなのに世界で遅れをとる理由

情報提供:カートップ

なんと日本は「自動運転車対応指数」で11位! 先進メーカーだらけなのに世界で遅れをとる理由

様々な観点からのスコアリングされる自動運転車対応指数

 自動運転車対応指数の世界ランキングで、日本は今年11位となった。昨年の10位から後退してしまった。

 この指数は、世界的な公認会計事務所であり、企業や国・自治体への各種コンサルテーション業務を行っているKPMGが独自の見解で取りまとめているものだ。

 同社が世界各地で展開する拠点が各国や各地域の状況を把握し、分野別でスコアリングし、その合計得点で年間ランキングを公表している。

 今年のランキングトップは、シンガポール。昨年2位から一歩前進した。今年の2位は昨年トップのオランダ。3位は昨年と変わらずノルウェー。以下、アメリカ、フィンランド、スウェーデン、韓国、UAB(アラブ首長国連邦)、デンマークと続き、11位が日本である。

 スコアリングされる分野は4つ。政策や法整備。テクノロジーとイノベーション。インフラ整備。そして、社会需要性だ。

自動運転のイメージ01

 トップのシンガポールの場合、国の面積が狭いなか、自動運転に対して積極的な法整備を行っていることで、この分野が世界トップ。また、政府の広報活動や大学などとの連携も充実していることから、社会需要性でも世界トップである。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです