メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かわかみ太鼓こども会

/下 第3の居場所作りを 親も童心に帰り /奈良

「かわかみ太鼓こども会」で、子どもたちに話しかける早稲田緑さん(中央)=川上村で2020年9月4日午後4時56分、萱原健一撮影

 早稲田緑さん(34)が「かわかみ太鼓こども会」を作ろうと思ったきっかけは、2019年夏の保育園参観だった。早稲田さんと大辻孝則さん(36)は現在、4歳の長男と1歳の次男の子育てに奮闘中。長男の保育園参観で、太鼓をたたく機会があった。親たちも童心に帰ってたたく様子に、「太鼓は誰でもたたけて、平等でいい。もう一度やりたいなあって思ったんです」。

 横浜に生まれ、東京で育った早稲田さんは翻訳システム開発会社勤務を経て、13年6月、地域おこし協力隊の1期生として村に移住した。すぐに村の和太鼓グループ「龍幻(りゅうげん)」に誘われた。和太鼓は中学時代に経験があり、二つ返事で入った。役場の職員らが作ったグループで、大辻さんもメンバーの一人だった。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです