メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー部員、eスポーツで熱戦 県内外6高校、オンラインでプレー 小倉拠点に大会 /福岡

eスポーツで熱戦を繰り広げるサッカー部員ら

 新型コロナウイルス感染拡大で減少した高校サッカーの公式戦の代わりに、対戦型コンピューターゲームで競うeスポーツのサッカー大会が20日、小倉北区を拠点にオンラインで開かれた。県内外6校のサッカー部員らがバーチャルのピッチで熱戦を繰り広げた。【宮城裕也】

 高校サッカーは全国高校総体などが中止となり、各校の遠征も自粛を余儀なくされた。大会はサッカー部員に活動の機会を与えようと、八幡西区の地域スポーツクラブ「ダイバーシティ」が企画し、北九州市と共催した。

 出場校は全国高校サッカー選手権常連校の高川学園(山口)と、豊国学園(門司区)、福智(田川市)、福翔(福岡市)、日本文理大付(大分)、eスポーツ部で臨んだ京都広学館(京都)の6校。県内3校が集まる小倉北区の「あるあるCity」ホログラムシアターと県外の各校をオンラインでつないだ。会場は無観客で、大会の様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」で実況中継した。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです