メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

香港、これからどうなるの?=回答・福岡静哉

 中国政府は6月30日、香港への統制を強化する「国家安全維持法」(国安法)を制定しました。1997年に香港が英国から中国に返還されて以来、最大の転換点と言えます。香港の歴史や社会制度を振り返り、香港の将来はどうなっていくのか、考えます。

 ◆香港は中国の一部だよね?

2047年まで高度な自治を約束

 なるほドリ そもそも香港は中国なの?

 記者 中国の一部です。約180年前、中国を統治していた清が英国との戦争に負け、香港島は英国に割譲されました。香港は英国人総督が支配する植民地となりました。ただ、資本主義制度が導入され、言論やデモの自由などはおおむね認められていました。

この記事は有料記事です。

残り2477文字(全文2761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです