メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米「イラン制裁復活」 安保理13カ国認めず

 ポンペオ米国務長官は19日夜、2015年のイラン核合意で解除された対イラン国連制裁が全面復活したとする声明を発表した。ただ、トランプ政権は18年に核合意から一方的に離脱しており、核合意維持を目指す他の当事国(英仏独露中)は米国の主張に「法的効力はない」との立場だ。国連安全保障理事会の理事国(15カ国)のうち13カ国も米国に制裁復活を主張する権利はないとしており、国連加盟国の多くは従わないとみられる。

 米国が「全面復活」を主張しているのは、06年から10年までの安保理決議で決まった国連制裁。15年の核合意締結により、多くの経済制裁が解除されていた。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです