メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪招致疑惑 コンサル口座、財布代わり IOC委員側、宝飾品購入

 2020年東京オリンピック招致疑惑の舞台となったシンガポールのブラックタイディングス(BT)社。その口座情報からは、国際オリンピック委員会(IOC)委員だったラミン・ディアク氏の息子で、疑惑の中心人物となったパパマッサタ・ディアク氏が宝飾品代を後払いさせるなどBT社を自身の財布同様に使っていた様子が明らかだ。

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が把握した金融機関からの「疑わしい取引」やフランス当局の捜査資料によると、東京五輪招致委員会が13年7月と10月に2億円超を振り込んだBT社の口座からは、パパマッサタ氏の個人名義の口座や同氏の会社「PMDコンサルティング社」(セネガル)の口座に約37万ドル(約3700万円)が送金された。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです