東京六大学野球 14安打、法大連勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 秋季リーグは20日、神宮球場で2回戦2試合が行われた。春秋連覇を狙う法大は岡田悠希(3年・龍谷大平安)の3ランなど計14安打で東大を10―1と圧倒し、2連勝でポイントを2とした。早大と明大は3―3で引き分け、早大は同1・5、明大は同0・5とした。

 (2)早大1勝1分け

早大 300000000=3

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文321文字)

あわせて読みたい

注目の特集