メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信仰抑圧「むしろ強まった」 続く沈黙、「成果」乏しく 中国・バチカン和解2年

地下教会信徒の家の小さな祭壇。教会は閉鎖され、自宅で礼拝するしかない。十字架やキリスト像から深い信仰心が伝わってきた=中国河北省張家口市で2020年9月17日、河津啓介撮影

 カトリック総本山のバチカン(ローマ教皇庁)と中国が司教の任命方法で歩み寄った暫定合意が22日、2年間の期限を迎える。双方は期限を延長する方針だ。ただ、中国政府は台湾と外交関係のあるバチカンの取り込みを図りつつ、地下教会の一掃を図るなど、国内の宗教活動への統制を強めている。国内信徒は「信仰への抑圧はむしろ強まっている」と失意の中にある。

 中国のカトリックは半世紀以上、政府の公認教会と地下教会に分裂している。2018年9月22日、中国とバチカンは2年間の暫定合意を結び、歴史的和解を果たした。内容は非公表だが、中国側がまず司教候補を選び、教皇が承認または拒否する枠組みとされる。

 イタリアメディアによると、期限が来るのを前にバチカンのパロリン国務長官(首相に相当)は14日、「中国の教会を正常化することが我々の関心事だ。合意を延長したい」と表明。中国外務省も15日に延長の意向を示した。

 この2年間で、中国当局は少なくとも7人に司教の地位を認めた。その中には、河南省や福建省の地下教会出身者も含まれる。その就任儀式では「カトリックの中国化を堅持する」と、宣誓させたとされる。国の宗教政策の受け入れを迫るいわば「踏み絵」だ。

この記事は有料記事です。

残り2356文字(全文2868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです