メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨 黒川温泉「穴湯」再建へCF 小屋流失、熊本・南小国の自治会

豪雨で穴湯があった小屋は完全になくなった=熊本県南小国町で2020年9月17日午後3時42分、山本泰久撮影

 熊本県南小国町の黒川温泉にある小さな共同浴場「穴湯(あなゆ)」が、7月の九州豪雨で流失した。地元住民らでつくる黒川温泉自治会(松崎郁洋会長)は再建に向け、クラウドファンディング(CF)で寄付を呼びかけている。目標金額は500万円だが、松崎会長(67)は「目標額に到達しなくても、必ず穴湯を復活させる」。地域のシンボルを失った温泉街の熱意は冷めない。【山本泰久】

 穴湯は、熊本の奥座敷として30軒の旅館が集中する黒川温泉郷にあった約30平方メートルの混浴の共同浴場。温泉郷を流れる田の原(はる)川のほとりに木造の小屋を建て、川から湧き出る温泉に入浴できるようになっていた。入浴料は100円。地元の自治会員が当番制で維持や管理を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです