メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍政権が残したもの

解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

姜尚中さん=鈴木英生撮影

 「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」。安倍晋三前首相はこう宣言して7年8カ月で80回以上の外遊を繰り返したが、辞任表明の記者会見では拉致問題が進展しなかったことなどを挙げ、「痛恨の極み」と総括した。「国内世論向けに外交を利用した」と分析する政治学者の姜尚中さん(70)に、安倍外交の「レガシー」について聞いた。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

 ――安倍政権が終わりました。振り返ってみてどんな政権でしたか。

 ◆安倍政権の特徴は、選挙と外遊の多さです。首相の専権事項として解散総選挙を乱発し、国民に分かりづらい争点を掲げる。低投票率で圧勝することで全権委任を得たとして、選挙で争点にならなかった政策を実行していきました。国民を政治から疎外した状態が恒常化しましたが、政権にとってはむしろ好都合だったでしょう。

 外交では、これほど外遊を繰り返した首相はいなかったと思います。森友・加計問題や桜を見る会など、自身が国会などで追及され都合が悪くなると外遊に出ていました。支持率を上げるために、外交がかなり利用された側面があります。

 ――特に外交面はどのように評価しますか。

 ◆外交は相手があることなので100%マル、100%バツとは言えませんが、実のある成果は…

この記事は有料記事です。

残り2179文字(全文2708文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. パンダ良浜に妊娠の兆候 11~12月の出産見込み、公開休止 和歌山・白浜

  3. 酒井法子さんの元夫、また逮捕 覚醒剤使用の疑い 警視庁

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです