メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電の核燃料中間貯蔵施設 年内期限、福井県外の候補地見えず

杉本達治知事らとの会談終了後に報道陣の質問に答える関西電力の森本孝社長=福井市の福井県議会で2020年6月30日午後5時3分、岩間理紀撮影

 原子力発電所で発生する使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設を巡り、関西電力の候補地選定が続いている。関電は福井県外での立地を掲げ「2020年を念頭にできるだけ早く計画地点を示す」としているが、具体的な進展は見えてこない。【岩間理紀】

守れなかった「約束」

 原発を動かすと発生するのが、プルトニウムなどを含んだ使用済み核燃料。関電の美浜、大飯、高浜3原発が立地する県は、これまでも使用済み核燃料を県外に運び出すよう関電に求めてきた。「発電は引き受けたが、使用済み核燃料までは引き受けていない」というスタンスだ。

 17年には当時の岩根茂…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです