動いて動いて勝機 2敗守った小兵・翔猿 「攻め続けられてよかった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
翔猿(奥)が押し出しで明生を破る=東京・両国国技館で2020年9月21日、西夏生撮影
翔猿(奥)が押し出しで明生を破る=東京・両国国技館で2020年9月21日、西夏生撮影

 混戦の場所で幕内前半を盛り上げているのが新入幕の翔猿だ。きっぷのいい相撲で星を伸ばしている。

 明生との一番も動いて勝機を見いだした。小手に振られ、土俵際に押し込まれる場面もあったが、動きを止めることなく右を差して食らいつき、相手がたまらず引いたところに乗じて押し出した。175センチ、131キロの小兵の奮闘に大きな拍手が送られ、「攻め続けられてよかった」と振り返った。

 前日も1回転して相手につかまれたまわしを切ったり、足技を試みたりするなど意表を突く動きで館内を沸かせた。白星にはつながらなかったが、「切り替えて取れている」と連敗はしなかった。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文571文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集