メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

三鷹駅徒歩6分!2時間だけ営業の幻のラーメン店!最後の一滴まで美味しく頂ける逸品!

情報提供:おとなの週末

三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。

鶏そば 山もと(最寄駅:三鷹駅)

鶏のプロが繰り出す完全無化調のあっさり鶏そば

目指しているのは、最後の一滴まで楽しめるお吸い物のようなラーメン。ガツンとしたファーストインパクトこそないものの、食べ進める度に旨みが増幅していくのが分かる。トッピングのチャーシューは、低温調理した豚肩ロースと鶏胸肉が1枚ずつ。どちらも実山椒入りの昆布ダシで調味するなど、料理人の技が光る。特に、さくっとやわらかな鶏チャーシューはさすがの旨さ。塩分や脂には極力頼らず、素材本来の旨さを追求しているので、食べ疲れないところもいい。


特製鳥そば 塩

1000円 2a2e71937e37c7636936d9f5eb6f3422 かんすいを控えめにし、小麦の香りを極立たせたパツパツ系の低加水麺。塩分量は、柚子胡椒で調整を

お茶漬けセット

200円 987c80ce5834076de6312405d59b46e1 残ったスープでいただく「お茶漬けセット」(200円)。大葉と梅干し、あられ、のりが付く

鶏そぼろごはん

200円 eb205d8b97e8ed645faef1b6e774f3f1 濃厚なキンカンの醤油漬けを添えた人気の「鶏そぼろごはん」(200円)

お店からの一言

2b5f16ab34aff178716d8d86333a8623 店主 山本洪太さん 「本物の“出汁”の美味しさを感じてください!」

鶏そば 山もとの店舗情報

08351332b94d94dba69110bc31998a5b [住所]東京都武蔵野市中町1-19-8 シティハイツ武蔵野市地下1階 [TEL]0422-38-8678 [営業時間]11時半~13時半 [休日]日・月・木 [交通アクセス]JR中央線ほか三鷹駅北口から徒歩6分

電話番号 0422-38-8678
撮影/宮城夏子 取材/松井さおり 2019年1月号発売時点の情報です。

関連記事

麺屋はちどり|鶏の旨みをシンプルに追求(ラーメン/板橋区役所前)

麺家Shumen Doushi|元フレンチシェフの技が随所に光るラーメン(ラーメン/南与野)

らぁ麺 やまぐち|生醤油がフレッシュに香る3種の銘柄鶏で炊いた贅沢スープ(ラーメン/早稲田)

鯛塩そば 灯花(ラーメン/曙橋)|愛媛宇和島直送新鮮な真鯛を使用

柳麺 呉田 (goden)|鶏・豚・魚介の滋味をバランスよく抽出(ラーメン/北浦和)


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです