メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ETCが普及しても起こる「料金所渋滞」! 海外のようなゲート撤廃は可能か?

情報提供:カートップ

ETCが普及しても起こる「料金所渋滞」! 海外のようなゲート撤廃は可能か?

近い将来ETCゲートの無人化が実施される可能性は高い

 なぜ、ETCのバーはなくならないのか?

 ETCとは、エレクトロニック・トール・コレクションシステム。自動料金徴収システムのことだ。この「トール」とは英語で、通行料金を意味する。

 日本でETCが本格導入されたのは、いま(2020年9月)から約19年前の2001年だ。一般財団法人 ITSサービス高度化機構によると、直近の2020年8月でETC・およびETC2.0の全セットアップ件数の累計は、9966万9029台。自動車保有台数は約8200万台なので、ETCの普及はかなり進んでいることが分かる。

 ETCが当たり前の世のなかになり、大きく変わったこと。それは、料金所での渋滞が大幅に緩和されたことだ。

 とはいえ、いまだにETCゲートにはバーがあるため、時速20km以下に減速する必要があり、またETCゲート設置場所の前後で道路幅が大きく変わることもあり、交通量が増えると慢性的な渋滞を引き起こす場合がある。

ETCが普及しても料金所渋滞がなくならない理由

 ETCゲートのバーは、ETCカードの期限切れや、ETCカードの入れ忘れ、または故意に無賃通過しようとする場合を考慮して、装着されている。

 また、現金やクレジットカードで支払う場合、有人ゲートでは当然、支払いが完了するまでETCバーは開かない。

 国は2020年7月に、ETCゲートの完全無人化に関する有識者会議を始めており、近い将来にはまず、ETCゲートの無人化が実施される可能性が高まっている。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです