メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SLもおか復活 コロナ禍運休も車体維持 座席限定、ネット予約制 /栃木

真岡鉄道の蒸気機関車「SLもおか」=栃木県茂木町で

 列車はボオオと力強い汽笛を響かせ、田畑の中を駆け抜ける。新型コロナウイルスの影響で4カ月にわたり運休していた、県東部の芳賀路を走る真岡鉄道の蒸気機関車「SLもおか」が7月復活した。運休中も再開のための準備を怠らなかった担当者や、心待ちにしていたファンは「今後も元気に走ってほしい」と期待する。

 SLもおかは、JR真岡線から転換し第三セクター鉄道として発足した真岡鉄道の振興のため、1994年3月に運行を開始した。土日祝日を基本に通年運行し、機関車が高速で旧型客車を引っ張る「昭和のローカル列車」スタイルで人気を博していた。しかしコロナの拡大防止策として、今年3月から運休。普通列車の運賃収入も減少し、大きな痛手になった。

 それでも再開のための準備は怠らず、運休中は、自重で車軸が変形するのを防ぐために月に数回試運転をしたり、車両検査をしたりと苦労しながら車両の維持に努めた。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです