メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢型紙の企画展 行商「山中家」資料33点 鈴鹿 /三重

伊勢型紙を熱心に見る来館者=三重県鈴鹿市白子本町の伊勢型紙資料館で2020年9月20日、谷口豪撮影

 鈴鹿市に伝わる伝統工芸品で、着物の柄や模様を染めるのに用いられた伊勢型紙。江戸時代から昭和初期にかけて伊勢型紙の行商として活躍した「山中家」にまつわる資料計33点を展示した企画展「山中家資料の世界」が、同市白子本町の伊勢型紙資料館で開かれている。2021年1月17日まで。

 山中家は、中国、四国地方で伊勢型紙の行商をして…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  4. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです