メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

可視化、検察に浸透 大阪地検、証拠改ざん10年

デジタルフォレンジックで抽出した情報を可視化した図を示すAOSデータの小瀬聡幸副事業部長=東京都港区で、志村一也撮影

 大阪地検特捜部による証拠改ざん事件の発覚から10年。検察は、容疑者の自白に過度に依存してきた捜査の在り方を根本から変える改革を迫られてきた。取り調べの録音・録画(可視化)は定着し、客観証拠を重視する流れも強まりつつあるが、新たな課題も浮上している。【金寿英、志村一也、二村祐士朗】

「ご都合主義」の批判も

 2018年夏、東京拘置所の取調室。東京地検特捜部に逮捕された容疑者の男性は連日、特捜検事と相対していた。検事の左斜め後ろには、男性だけが映る角度でビデオカメラが固定されていた。録音・録画は入室時から始まり、休憩時に立ち上がって屈伸運動をすると、「そっちだと映らない。こっちでやって」と事務官に促されたという。

 特捜検事はかつて、取調室で容疑者と長時間向き合い、時には威圧的に迫って自白を得ることに力を注いできた。しかし、証拠改ざんを生んだ郵便不正事件では、大阪地検特捜部が、村木厚子・厚生労働省元局長が部下に不正を指示したとするストーリーに沿った供述調書を次々と作成。密室での強圧的な取り調べが問題視された。ついにはストーリーに合わせる形で証拠品のデータを改ざんする事態まで発覚し、供述調書依存からの脱却と、…

この記事は有料記事です。

残り3006文字(全文3513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 国会を飛び回る200人の「トンビ」 過酷な情報収集業務に走る官僚の「生態」

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです