メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

海自の新型水中無人機って? 自動航行で敵の船攻撃 起爆作動は隊員が判断=回答・松浦吉剛

新たに開発される水中無人機のイメージ図=防衛省提供

 なるほドリ 海上自衛隊(かいじょうじえいたい)が水中を動き回る新たな小型無人機(こがたむじんき)を2020年度に開発するって聞いたよ。どんなものなの?

 記者 海自はこれまでも、水面や海底に設けられる機雷(きらい)の捜索や除去のため水中無人機を使ってきましたが、これとは一線を画します。無人機自体が敵の船を攻撃するのです。機体の前方に爆薬、後方に推進装置が搭載される模様です。防衛省が描く構想はこうです。有事の際に事前のプログラムに基づいて目標の海域に潜入し、日本に攻め込もうとする船を待ち伏せします。相手が近づいてくれば、機雷のように爆発して行動を…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです