メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐうたらママ

ぐうたらママ45年、家庭愛は永遠に 27日、長期連載ゴール 作者・古谷三敏さんの思い入れ

 1975年4月から毎日新聞本紙、「日曜くらぶ」で連載してきた漫画「ぐうたらママ」が9月27日掲載の作品でピリオドを打つ。45年間に及ぶ長期連載の中で作者の古谷三敏さんがキャラクターたちに込めた思いとは何だったのだろうか。【「日曜くらぶ」編集長・瀬尾忠義】

 洋酒瓶が並んだ落ち着いた雰囲気のバーで、今年8月に84歳を迎えた古谷さんと向き合った。大泉学園駅(東京都練馬区)の近くにあるこの店は、代表作の一つで「漫画アクション」に連載中の「BARレモン・ハート」の舞台。何となく作品の一コマに紛れ込んだような感覚だ。

 「ぐうたらママ」の誕生は妻の睦子さんがいたからこそ、というのはファンの中では有名な話。しかも睦子さんからは「離婚したら、ぐうたらママは描けなくなるでしょう」と“宣言”されたこともあるという。まずはアイデアが湧いた時のエピソードから振り返ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り2444文字(全文2826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです