メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐうたらママ

ぐうたらママ45年、家庭愛は永遠に 27日、長期連載ゴール 作者・古谷三敏さんの思い入れ

 1975年4月から毎日新聞本紙、「日曜くらぶ」で連載してきた漫画「ぐうたらママ」が9月27日掲載の作品でピリオドを打つ。45年間に及ぶ長期連載の中で作者の古谷三敏さんがキャラクターたちに込めた思いとは何だったのだろうか。【「日曜くらぶ」編集長・瀬尾忠義】

 洋酒瓶が並んだ落ち着いた雰囲気のバーで、今年8月に84歳を迎えた古谷さんと向き合った。大泉学園駅(東京都練馬区)の近くにあるこの店は、代表作の一つで「漫画アクション」に連載中の「BARレモン・ハート」の舞台。何となく作品の一コマに紛れ込んだような感覚だ。

 「ぐうたらママ」の誕生は妻の睦子さんがいたからこそ、というのはファンの中では有名な話。しかも睦子さんからは「離婚したら、ぐうたらママは描けなくなるでしょう」と“宣言”されたこともあるという。まずはアイデアが湧いた時のエピソードから振り返ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り2444文字(全文2826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです